• HOME
  • MyHappi(マイハピ)とは?

MyHappi(マイハピ)とは?

MyHappi(マイハピ)とは?

2011年に開設した当サイトは、女性の暮らし、終活のすすめなどを通じて、新たなライフスタイルを提唱し、とりわけ「求人市場の創出」にコミットしてきました。

弊社を通じて求人に応募した利用者は、約6.8万人。
主に女性の読者に向けて、テレワークの普及以前から、

  • 在宅可能なアルバイトの実情
  • 大手企業の求人情報
  • 副業に関するノウハウ

など、多様な働き方を提案しています。

読者はフリーランスや主婦、学生、シングルマザー、自営業者など。

現在では、大手の広告代理店やSDGs関連企業、ITメディアとも提携し、「男女共同参画の実現」に取り組んでいます。

女性の求人市場とSDGs

2015年に国連で採択された「Sustainable Development Goals」、
通称「SDGs(持続可能な開発目標)」。

日本では環境保全、エコ活動、自然エネルギーなど、専ら「気候変動に関する弥縫策」ばかりプロモートされています。

しかし、SDGsの理念は本来、性善説に基づく慈善活動や、企業が御為ごかしに掲げるブランド戦略からは遠く離れた、リアルかつソリッドなソリューション(解法)に根差しています。

地球環境を守ろう
すべての人に健康と福祉を
クリーンなエネルギーを

そんな耳に心地よい概念ばかりを提唱する国内の現状において、恣意的に見過ごされている課題があります。例えば、

  • 女性の貧困
  • ジェンダーの不平等
  • 過酷な労働環境

など、他国ではSDGsの主たるミッションとして、環境問題と同じく逐条的に語られるこれらのテーマが、なぜか日本では敬遠されていないでしょうか。

SDGsは単なるスローガンではありません。

経済・環境・格差・人権など、様々な課題を包摂し「あるべき未来のかたち」を示すものです

通底するテーマは、それら世界的にスタックしつつある事象に風穴を開ける、そのための「集合的叡智」を、国際的な枠組みによって喚起すること。

ですから数十年という時制で語られる視座も間違いではありませんし、「国際市場」「環境問題」も課題に含みながら、一方では、私たちの「明日の暮らし」にも直結する概念です。

女性の厳しい経済・雇用環境を解消するために

世界経済フォーラム(WEF)の発表した「世界ジェンダー・ギャップ報告書 Global Gender Gap Report 2022」を見ると、日本の男女格差は深刻です。

対象国となった世界146カ国のうち、日本は116位。
中でも女性の置かれている雇用環境は劣悪という他なく、

女性の生涯賃金は、男性の約7割(先進国では世界ワースト2位)

女性管理職(課長級以上)の比率は10%台(主要先進7か国(G7)で最下位)

シングルマザーの世帯を主とした「子どもの貧困率」がOECD加盟国でワースト2位

以上の統計が示す通り、日本は「ジェンダー後進国」という他ありません。

しかし仮に、男女の賃金格差が解消されても、日本の所得水準は先進国で最低レベル。

平均賃金はOECDのデータ(2021年)によると、34か国中24位です(G7で最下位)。

一方では慢性的な「人手不足」が叫ばれながら、数十年にわたって賃金の上昇が起きず、「安い労働力」が供給され続けているのは何故か。

本来なら需要(求人)と供給(労働力)がバランスし、いわば市場の原理によって、男女格差も厳しい雇用環境も、自然に解消されていくはずです。

しかしわが国では「終身雇用」「新卒一括採用」「年功序列」など、求人市場の構造的な歪みや既得権によって、不平等の再生産が続いています。

これら日本社会の抱える宿痾ともいうべき「人材の固着化」「キャリアの停滞」を打開するために。

当サイトは「新しい求人市場の創出」にコミットすることをCSR(Corporate Social Responsibility)= 企業の社会的責任であると認識し、様々な試みを続けています。

参考資料

世界経済フォーラムが「ジェンダー・ギャップ指数2022」を公表
内閣府男女共同参画局総務課
https://www.gender.go.jp/public/kyodosankaku/2022/202208/202208_07.html

令和3年版男女共同参画白書 階級別役職者に占める女性の割合の推移 内閣府
https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/r01/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-02-12.html

令和2年賃金構造基本統計調査の概況 – 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/dl/13.pdf

国土交通白書 2021 第3節 多様化を支える社会への変革の遅れ
https://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/r02/hakusho/r03/html/n1232000.html

内閣府 男女共同参画白書 令和2年版 貧困率の国際比較(子供がいる世帯(大人が1人))https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/r02/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-05-10.html

OECD東京センター  主要統計 平均賃金 (Average wage)
https://www.oecd.org/tokyo/statistics/average-wages-japanese-version.htm

価値観が個人に委ねられる現代にあって、より普遍的な「幸せ」を提案する

女性の「生き方」「ライフスタイル」が多様化する昨今。
女性が求める「幸せ」も、どんどん形を変えています。

仕事をバリバリこなすキャリアウーマン。
家事や育児を完璧に行う専業主婦。
仕事と主婦業の両立を目指すワーク・ライフ・バランス。

もちろん、生き方に「正解」はありません。
幸せの形は人それぞれ。

とはいえ、女性の幸せを支える普遍的なテーマは存在します

私たち「マイハピ」編集部は、女性がいつの時代も追い求める、「美容」「健康」「恋愛」「仕事」を中心に、より豊かな人生観、価値観を提案しています。

【美容】女性としてより輝くために

「美しくありたい」と願うのは、女性が持つ自然な欲求。
「美容」は生涯をかけて追求する一大テーマです。

しかし、様々な「情報」にアクセスできる現在、美容に関する方法論や知識の数々は、困難な取捨選択を私たちに迫ってきます。

メディアには膨大な情報が溢れ、一体何が正しいのか、どの美容法が本当に効くのか、戸惑ってしまう方も多いはず。

当サイトは美容のプロが解説するコラムを通じて、「女性の美しさ」に正しく専門的・科学的にアプローチします。

【健康】心と身体を正しく見つめる

豊かな人生を支える最大の資本、それは日々の「健康」。
高齢化が加速する現代、健やかな心身を維持するためのノウハウが、ますます価値を高めています。

妊娠、出産の有無を問わず、年齢に応じて様々な変化を見せる女性の身体。
健康状態はその人の心を、生き方を大きく左右するものです。

当サイトでは、「クオリティ・オブ・ライフ」の考え方を基本に、健康を維持するための方法論、豆知識、心と身体の関係、女性特有の病気などを解説。

そして女性の「美」を、幸せな「老後」を支える「健康」という観点から、より充実したライフスタイルを提唱します。

【恋愛】人生に彩を添えて

恋愛は人生を豊かにする滋養に満ちた素材であり、刺激をもたらすスパイス。
「マイハピ」編集部はそのように考えています。

結婚生活はゴール、甘~いデザートのようなもの…
だったら良いのですが、現実はどうでしょう。

一方には「負け犬」「おひとりさま」と呼ばれる女性がいて、彼女たち(私たち)も、ときには戦略的に、ときには消去法で、「恋愛に重きを置かない恋愛観」を選択しています。

もちろん、恋愛観に正誤はありません。

しかし、恋愛には様々なステージがあり、それぞれに求められるノウハウ、テクニックが存在します。

「彼を振り向かせるメール術」とか、
「統計的に成功しやすい結婚のタイミング」、
「老後の夫婦生活を充実させるコツ」など。

「マイハピ」が提案するのは、男女の相互理解を深め、無用のトラブルを避ける、「恋愛学」のすすめ。

ジェンダー論や科学&生物学の観点も交えて「恋」と「愛」を分析し、より分かりやすい形で、みなさんにそのエッセンスをご提供しています。

美容、健康、恋愛
人それぞれに求める理想像や優先順位は違っても、そのバランスの上にこそ「女性の幸せ」があります。

「情報」を雑学として提供するのではなく、自分を磨く方法論や、より洗練されたライフスタイルのアイデアとして提案するために。

「マイハピ」は今日も女性の暮らしの最前線から、新しいコンテンツをお届けしています。

【暮らしとお金】2022年に始まった新しい「マイハピ」のかたち

日本国民の3割は貯金額ゼロ

男女比で平均給与の差額が239万円
(男性532万円に対して女性293万円)

女性の単身世帯は「3人に1人が貧困」(母子家庭の貧困率は5割)

日本の女性が耳を塞ぎたくなるような「不都合な真実」。

少子高齢化が加速する中、残念ながら日本の凋落は確定事項として、私たちの暮らしに暗い影を落とし始めています。

中でも経済面の逼迫(ひっぱく)は、他の先進国に類を見ない緊急事態。
コロナ禍がその情勢に拍車をかけました。

2022年にリニューアルした新しい「マイハピ」は、よりシビアな観点から、暮らしとお金を、「貧しい日本の貧しい女性たち」を、共助・互助する試みからスタートしました。

※自助には限界があり、どうやら公助に期待できそうもないですし…

「お金持ち」になることは無理かもしれないけれど、まずはライフハックや日々の工夫、生活の知恵、節約術から。

経済的にささやかな「抜け道」のようなものを提供できたら

毎日の暮らしの中で、ほっと一息つけるような付加価値を創出できたなら

そこに当サイトの新たな存在意義を見出せるのではないか。

そんな契機と確信に基づいて、読者の皆さんに「マイハピの新生」をお約束します。

【在宅ワーク・仕事】コロナ時代の「働き方改革」

「在宅ワーカーだけでメディアを作ってみたい」
ふとした思いつきから始まった当サイトも、開設から約10年を迎えました。

マイハピを運営する私たち編集者は、テレワークの黎明期を経験した女性たち。

今でこそ大手の広告代理店やIT企業とも提携していますが、当初は全員が駆け出しのフリーランスでした。

2020年のコロナ渦に端を発した、急速なテレワークの普及。
そして在宅ワーカーと、副業に従事する人々の急増。

私たちが予想していた「10年先の未来」が、一足飛びに現実のものとなっています。

禍を転じて「働き方改革」「女性活躍」と為している側面もある一方、フリーランスの市場は「ブラックバイト」と紙一重。

低賃金の求人が溢れ、不慣れなテレワークに心身のバランスを崩す女性も少なくありません。

私たちはパイオニア、と言うと大袈裟だけれど、「まあまあ」「そこそこ」の先達として、在宅ワークの経験知・集合知を啓発できるのではないか。

それは例えば、優良企業の求人情報や、効率の良い働き方、副業に関するハウツーや、フリーランスにおすすめのストレス解消法などなど。

日々アップデートされる「在宅ワークの今」を、私たちと一緒に学んでいきましょう。

【終活・おひとりさま】戦略的に見据える「人生90年時代」

急速な高齢化が進む日本。
終活」という言葉が広く知られるようになりました。

終活とは、
人生の終わり(老後)を、より充実させるための活動」。

すなわち、介護・医療・供養・財産など、高齢者に欠かせない、様々な「準備」や「もしもの備え」が活動の目的です。
 
「老後2,000万円問題」に象徴される、高齢化社会が抱える多くの課題。

生涯未婚率が上昇する中で、「孤老」「孤独死」といった問題も深刻化しています。

2030年には、日本人の2人に1人が「おひとりさま」。
既婚女性も夫に先立たれるケースが多く、平均で約6年を「おひとりさま」で過ごします。

さらに、介護を必要とする人の割合は、85歳以上で6割。
介護サービスの平均利用年数は12年です。

こうした社会情勢を踏まえて、私たちに今できることは何か。
専門家はどのような準備・対策を推奨しているのか。

実りある老後を迎えるために「本当に必要な終活」とは、一体どういう活動なのか。

私たち「マイハピ」編集部が厳選した情報をお届けします。

参考資料および関連リンク

令 和 2 年 分 民間給与実態統計調査 国税庁
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/pdf/002.pdf

内閣府「人生100年時代の結婚と家族に関する研究会」
貧困率からみる女性の状況:1985-2018
https://www.gender.go.jp/kaigi/kento/Marriage-Family/5th/pdf/3.pdf

日本銀行情報サービス局 金融広報中央委員会
家計の金融行動に関する世論調査[総世帯] 令和3年調査結果
https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/sosetai/2021/

令和3年度 テレワーク人口実態調査 – 国土交通省
https://www.mlit.go.jp/toshi/daisei/content/001471979.pdf

副業・兼業の現状① – 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/11909500/000361727.pdf

令和4年簡易生命表の概況 – 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life21/dl/life18-15.pdf

厚生労働省 介護給付費等実態統計月報
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/kyufu/2022/06.html

図表1-2-6 平均寿命と健康寿命の推移 – 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-02-06.html

総務省|平成30年版 情報通信白書|単独世帯の増加
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd141110.html

マイハピの商標登録証

※「マイハピ」は、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第5811767号
マイハピの商標登録証
法務省:女性の人権ホットライン

マイハピとは

MyHappi(マイハピ)とは

在宅ワークや副業のノウハウで、女性の「幸せ」をサポートする、女性向け総合サイトです。
終活からSDGsまで、専門家が語る日本の「今」。
美容・健康・恋愛に関する情報もポータルにご案内します。
MyHappi(マイハピ)とは
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。

最新記事