• HOME
  • 美容・健康
  • ヒト幹細胞の美容液やエステは効果なし? 副作用や危険性も

ヒト幹細胞の美容液やエステは効果なし? 副作用や危険性も

2024.05.30
プロモーションが含まれます。
ヒト幹細胞の美容液やエステは効果なし?副作用や危険性も

最先端の技術「ヒト幹細胞」を利用したエステ美容液
しかしその効果については、副作用や危険性を指摘する声もあります。

私も女性向け雑誌の取材を受けた際、はっきり「効果なし」と断言しました。

今回はその理由について解説します。

岡本妃香里/薬剤師
記事の監修者岡本妃香里さん/薬剤師
監修日:2023年12月14日

2014年に薬剤師の資格を取得。そこから4年間、日本でトップレベルの売上げと来客数を誇る大手のドラッグストアで調剤と市販薬の販売に携わってきました。
現在は医療ライターとして、ネットでいちばん身近なドラッグストア「マリモドラッグ」を運営中。
正しい市販薬の使い方や選び方、薬剤師オススメの市販薬などをご紹介。いつでもネットで相談できる場所作りを目指します。
岡本妃香里様が運営している「マリモドラッグ」はこちら

ヒト幹細胞とは?

ヒト幹細胞とは?
ヒト幹細胞は、人間に生まれつき備わっている細胞の一種。

以下に挙げる3つの機能を持っています。

  • 色々な種類の細胞に変身(多分化)できる
  • 自分と同じ能力を持つ細胞をコピー(自己複製)する
  • 分化と複製によって傷ついた細胞を「修復」する

エステや美容液に導入される理由

エステや美容液に導入される理由
ヒト幹細胞の持つ「細胞の修復作用」に着目したのが美容業界。
一部の専門家は、その技術を高額な商品やサービスに応用しています。

特に人気なのが、ヒト幹細胞を利用したエステや美容液。

ヒト幹細胞の持つ「美肌効果」を活用しようというわけですが…
その判断には疑問も残ります。

科学的に美容上の効果が認められているわけではないからです。

ヒト幹細胞培養液とは?

ヒト幹細胞培養液とは?
現在では「幹細胞培養液」を含むコスメが広く市販されています。

幹細胞培養液とは、幹細胞を培養し、培養した幹細胞を取り除いた上澄み液のこと。

500種類以上のタンパク質を含み、優れた美肌効果を期待できます。
具体的には、

  • ターンオーバーの活性化
  • 美白効果
  • コラーゲンやヒアルロン酸の増殖(保湿作用)
  • シワやたるみの改善(アンチエイジング作用)

効果だけを見るとまさに「夢のコスメ」。
ただ、私は「ほとんどの幹細胞コスメは効果なし」と分析しています。

幹細胞を応用した化粧品の種類(カッコ内は人気の商品名)

美容液(プラチナソリューション、エターナルアイラッシュなど)

化粧水(モイストリジュビネイター、SBC MEDISPAなど)

育毛剤(Hydro Hair Essence、ミライナルX5など)

シャンプー(Orga Spa Shampoo、JOIE CELUなど)

パックやマスク(アロヴィヴィフェイスマスクなど)

クリーム(プラスナノHQモアなど)

ヒト幹細胞を導入したエステの費用一覧

たかの友梨ビューティクリニック ピンクピールフェイシャル(23,100円)
サラダ ヒト幹細胞培養液導入フェイシャル(24,600円)
ミュゼプラチナム S.S.C. iPS care(74,230円)
※全身脱毛を含む

エステでの費用は1回の施術が平均2万円前後となっています

美容液 15,000円~2万円前後
化粧水 1万円~15,000円前後
育毛剤 約1万円
シャンプー 5,000円~1万円前後
パックやマスク 5,000円~1万円前後
クリーム 5,000円~1万円前後
リキッドファンデーション 5,000円~1万円前後

コスメの価格は約1か月分の目安。
大手口コミサイト「アットコスメ」の平均価格です。
ヒト幹細胞を導入したコスメに安価な商品はほとんどありません。
そのほとんどが「高級化粧品」として市販されています。

ヒト幹細胞に副作用や危険性は?

ヒト幹細胞に副作用や危険性は?
エステサロンや美容液に広く採用されているヒト幹細胞の技術。

「最新技術」「科学と美容の融合」というようなイメージが定着しています。

気になるのは副作用や危険性。
大きな副作用が出ることは基本的にないようですが、副作用がまったく出ない保証はありません。

ヒト幹細胞は、厚生労働省の定める「生物由来原料基準」という規制の対象。
公的に厳しいルールが適用されます。

ただし、エステや化粧品はあくまで「医療目的外」の商品・サービス。
ヒト由来の幹細胞は一切使用されていません。

エステや美容品に含まれているのは「幹細胞培養液」

現状、美容目的で使用が許可されているのは「幹細胞培養液」。

幹細胞は含まれておらず、細胞を培養したあとに幹細胞を取り除き、残った上澄み液のみが使用されています。

幹細胞培養液は元々私たち人間が生まれ持った成分を濃縮・生成したもの。
副作用の問題はほとんどないと考えて良いでしょう。

美容品に対する日本の安全基準は「厳しすぎるくらいに厳しい」のが現状。
副作用の問題はまずないと考えて良いでしょう。

副作用と危険性についての補足情報

あえて危険性を挙げるとすれば、「アレルギー反応」や「刺激性」が考えられます。

幹細胞培養液は、美容の分野ではまだ実績の少ない成分。
副作用を完全に否定することはできません。

それでも「低刺激」「アレルギー反応なし」が定説となっています。

少なくとも現状においては、炎症・かゆみ・腫れ・赤みなどの報告はなし。
肌トラブルを引き起こすリスクは確認されていません。

ただ、ヒト幹細胞については「がん化」の危険性が指摘されています。

海外では死亡例もあり、医療の分野でも実用の段階には至っていません。

とはいえ、美容目的で使用されているのは「幹細胞培養液」。
根本的に性質が異なります。

よって「幹細胞エステ」「幹細胞コスメ」等を危険視する必要はないでしょう。

美容業界のトリック「法的にはグレーゾーン」

繰り返しになりますが、エステ&化粧品に幹細胞そのものは用いられていません。

ですから、エステやコスメの宣伝文(説明)には、

  • 幹細胞由来
  • 幹細胞エキス
  • 幹細胞抽出物

といった表記が使用されています。

したがって、検証すべきは「幹細胞培養液の効果」ということになります。

「培養液のみでも美容効果は期待できる」と指摘する研究(論文)は存在します。

ただ、美容関係の論文には学術的な厳密さがありません。
企業によって都合よく誇張されたデータも多く含まれています。

有名な例としては、

  • コラーゲンやヒアルロン酸はサプリメントで摂取しても保湿効果がない
  • 水素水やマイナスイオンに健康改善&美容上のメリットは期待できない
  • どんな有効成分でも濃度が低いと効果が出にくい

以上のような事実が明らかになっています。

しかし実態としては多くの化粧品が、法の抜け穴をかいくぐる形で市販されています。

ヒト幹細胞の効果【否定的な意見】

ヒト幹細胞の効果【否定的な意見】
幹細胞培養液についても同様の疑問は残ります。主な問題点は、

  • 美容効果を示す論文(研究)が少ない
  • 一定の効果は確認されているが、化粧品に含まれる培養液の濃度が低すぎる(化粧品には幹細胞培養液がごく微量しか使用されていない)
  • エステにおいては、使用する頻度、施術回数も問題になる(数回の通院では効果を期待できない)

以上の3点。

大半のエステサロンや美容液などは、以上の問題点をクリアできていません。

ヒト幹細胞の効果【肯定的な意見】

ヒト幹細胞の効果【肯定的な意見】
一方で、幹細胞培養液が医療の分野で注目されているというのは事実です。

最新の研究では、歯周病の治療、育毛促進、火傷(傷跡)の再生医療などにも採用。
いくつかの技術が、実用の段階に差しかかっています。

「美容と医療の間には10年のタイムラグがある」とよく言われます。

医療技術が確立した10年後(恐らく2030年代前半)には、ヒト幹細胞がスキンケアの分野で著しい効果をあらわす可能性も大いに考えられるでしょう。

実際に、大手の化粧品メーカーや医療機関では研究が推進されています。

美容皮膚科では「ケミカルピーリング」の一環として、幹細胞培養液を導入するクリニックがすでに存在します。

また、「幹細胞コスメ」としてロングセラーを記録している一部の商品は、アットコスメなどの口コミサイトで満点に近い評価を獲得。

特に「プラチナソリューション」「モイストリジュビネイター」などは、効果を絶賛する体験談が数多く掲載されています。

現状では効果の検証が十分でなく、フライング気味に市販されている成分ではありますが…

幹細胞コスメが将来性に富んだ一大ジャンルであることは間違いないでしょう。

それでもヒト幹細胞の口コミが「怪しい」「誇大広告」と言われる理由

それでもヒト幹細胞の口コミが「怪しい」「誇大広告」と言われる理由
ヒト幹細胞を利用したコスメ&エステについては、様々な口コミが存在します。

アットコスメの口コミは概ね好意的ですが、それでも、
「本当に効果があるのか怪しい」
「誇大広告が多い」
という印象で、否定的な口コミも少なくありません。

数年前には幹細胞エステに関する炎上騒動も起こりました。

炎上の発端は、大手エステサロンで提供されていた「幹細胞美顔トリートメント」。

実際の効果を科学的に示すことなく、
「細胞レベルでアンチエイジング」
「幹細胞ケアで老化を防止」
などといった広告を展開し、自治体から改善命令を受けました。

幹細胞の効果そのものを否定する事件ではないのですが…
類似のフェイシャルメニューを提供するエステサロンは多くあります。

大手企業のサイトを見ても、誇大広告ギリギリのPRを行っている例が見受けられます。

幹細胞を治療に導入している美容皮膚科、美容整形外科も同様。

詐欺まがいの広告が散見される現状では、医師などの専門家すら信用できません。

通院するクリニック、サロン等、慎重に見極める必要がありそうです。

エステは全滅! ヒト幹細胞を含む美容液もゼロ

エステは全滅! ヒト幹細胞を含む美容液もゼロ
都市部を中心に、幹細胞コスメを導入するエステサロンが徐々に増えています。

しかし、その効果を科学的なデータと共に提示しているサロンは一つもありません。

私はエステサロンの公式サイトをいくつか監修していますが、クライアントには幹細胞を導入したフェイシャルメニューは全て断念するよう提言しました。

医療機関に問い合わせても十分な資料が集まらず、効果を検証できなかったためです。

市販されている化粧品についても似たような状況。
そもそも、ヒト幹細胞を含むコスメは一つも市販されていません。
誤解を招くようなPRは避けるべきだと思うのですが…

現状でおすすめできる幹細胞美容液は?

「プラチナソリューション」は、「幹細胞培養液」を「ヒト幹細胞を培養するときに作られる液体」として厳密に定義し、販売を行っています。

その効果はユーザーの体験談でも絶賛されており、現状では幹細胞培養液を含む国内単独の有名ブランドとなっています。

少なくとも2023年12月現在の段階では、プラチナソリューションは信頼できるヒト幹細胞コスメの一つであると言えます。

ヒト幹細胞エステ&化粧品のメリットまとめ

少なくとも危険性や副作用は確認されていない(安全性はほとんど問題なし)

市販の化粧品は厳しい審査基準をクリアしている
(そのため確かな品質も保証されている)

一部のコスメは口コミで絶賛されており、一定の効果を期待できる
(ただし化粧品の種類は少ない)

科学的には万能ともいえる美肌効果が確認されている
(ただし本格的な実証はこれから)

美白、保湿、シワやたるみの改善など、1つの化粧品で全ての肌トラブルをケア可能
(したがってコストパフォーマンスが良い)

ヒト幹細胞エステ&化粧品のデメリットまとめ

エステにおける効果は未知数
(口コミによる情報や体験談も少ない)

幹細胞ケアをうたう化粧品は価格が高い
(コストパフォーマンスは良いが、気軽には購入できない)

実際に使用されているのは「幹細胞培養液」(ヒト幹細胞そのものは美容成分に含まれていない)

エステやクリニックは通院の「頻度」も効果を大きく左右する
(数回の通院では効果を見込めない)

誇大広告ギリギリの宣伝が横行している

マイハピ編集部2
この記事を書いた人マイハピ編集部
更新日:2024年5月30日

2009年に法人(株式会社ユーテック)設立
大手の広告代理店やSDGs関連企業、ITメディアとも提携し、「男女共同参画の実現」に取り組んでいます。
ひとりひとりの女性が自分らしく健康に安心して暮らせる社会の実現をめざし、調査・経験にもとづいた正しい情報を発信してまいります。
主な有資格者
・女性活躍マスター
・ファイナンシャルプランナー
・キャリアコンサルタント
・子どもの貧困専門支援員
・児童虐待防止支援アドバイザー
・心理カウンセラー
・個人情報保護士
・保育士
・美容師
・ビューティーアドバイザー
・ウエディングプランナー
・終活アドバイザー
MyHappi(マイハピ)とは?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マイハピとは

MyHappi(マイハピ)とは

在宅ワークや副業のノウハウで、女性の「幸せ」をサポートする、女性向け総合サイトです。
終活からSDGsまで、専門家が語る日本の「今」。
美容・健康・恋愛に関する情報もポータルにご案内します。
MyHappi(マイハピ)とは
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。

最新記事