• HOME
  • 女性とSDGs
  • 給食費が払えない時の対応策。全額免除の「就学援助制度」とは

給食費が払えない時の対応策。全額免除の「就学援助制度」とは

2024.01.08
プロモーションが含まれます。
給食費が払えない時の対応策。全額免除の「就学援助制度」とは

給食費が払えない時の対応法は、

  • 放置(滞納)する
  • 学校に相談する
  • 全額免除の手続きをする

上記のうち、放置はNG
ペナルティが課される恐れがあります。

國場絵梨子(行政書士)/りこ行政書士事務所
この記事の監修者國場絵梨子さん(行政書士)/りこ行政書士事務所代表
更新日:2024年1月8日

経歴
・琉球大学法文学部 卒業
・卒業後、弁護士事務所、司法書士事務所、税理士事務所などで勤務
・現在、行政書士として行政書士事務所で活動中
日経xwomanアンバサダー
主な保有資格
行政書士(登録番号 第21470249号)
・宅地建物取引士
・ビジネス実務法務検定2級
・賃貸不動産経営管理士
・日商簿記2級
・外務員二種
・英検2級
・測量士補
・FP2級
・AFP
りこ行政書士事務所様の公式HP

一人で悩んでいませんか?「まもろうよ こころ」に相談!(厚生労働省)

Q.給食費を滞納するとどうなる?

対応は学校や自治体によって異なります。
手紙や電話などによる督促が行われるほか、督促に応じない場合は強制執行などによる法的措置が講じられることもあります。

一般的な流れとしては、

当初納期限の翌日より40日以内に学校から督促状が送付される

それでも支払いがない場合は、未納者記録簿に登録される

担任者(教員など)が未納を把握するための調査を開始

担任者から就学援助制度の利用を提案される

再三の連絡を無視すると保護者に「法的措置を実施することがある旨が記載されてある催告書」が届く

簡易裁判所から書類が届く

⑦ 異議を申し立てずに2週間放置すると、強制執行(財産の差し押さえなど

以上の手続きを経て、法的に徴収されます。
ですが強制執行に至るまでには多くの手続きが必要になるため、財産の差押えをされるケースは少ないです。

Q.給食費が払えないから、全額免除にしてほしい。方法は?

就学援助制度」を利用しましょう。
「就学援助制度」は、経済的理由によって就学困難と認められる児童生徒の保護者に対して、授業料以外の教育費を市区町村が支援する制度です。この授業料以外の教育費の中には学校給食費も含まれています。

一定の基準を満たしている場合、多くの自治体で給食費は全額免除となります

Q.「就学援助制度」を利用する方法は?

まずは学校や担任の教師に相談してみましょう。
経済的に困窮している旨を伝えれば、学校側から制度の利用を提案されるケースが多いようです。

就学援助制度を利用するにはまずは学校に相談しましょう

Q.制度を利用する条件は?

未納者記録簿」に登録されると、学校から必要書類を渡される可能性が高いです。

もしくは制度を利用したい旨、学校や教員に伝えましょう。

  • 配布された書類へ必要事項を記入
  • 通帳のコピーや、申請理由などを記した書類を添付
  • 学校に提出して申請手続き完了

ただし、認定の基準や援助の対象額などは、各市町村によって異なります。

Q.就学援助制度を利用すると同級生や近所に知られてしまう?

知られてしまうことはありません。

給食の献立が変わったり、子どもが学校で書類を受け取ったり、特別扱いされる心配もありません。

制度の利用を把握できるのは、学校と自治体の窓口だけです。

就学援助制度の利用は同級生などにバレることはありません

Q.制度を利用できないときは?

学校から給食費の分割払い、一時的な猶予など代替案を提示されます。

滞納や未納が続いても「子どもの給食が提供されなくなる」例はほとんどありません。

Q.給食費が払えないと「いじめ」の原因になる?

各家庭の経済状況は「個人情報」として厳重に秘匿されます。

学校側も細心の注意を払っているので、未納や滞納の事実が周知される恐れはありません

よって、いじめの原因になる可能性は非常に低いです。
この点は、給食費の分割払いや免除を申請しても変わりません。

借金や離婚等、さまざまな法的トラブルの問題解決の道案内します。法テラス(日本司法支援センター)

マイハピ編集部2
この記事を書いた人マイハピ編集部
更新日:2024年1月8日

2009年に法人(株式会社ユーテック)設立
大手の広告代理店やSDGs関連企業、ITメディアとも提携し、「男女共同参画の実現」に取り組んでいます。
ひとりひとりの女性が自分らしく健康に安心して暮らせる社会の実現をめざし、調査・経験にもとづいた正しい情報を発信してまいります。
主な有資格者
・女性活躍マスター
・ファイナンシャルプランナー
・キャリアコンサルタント
・子どもの貧困専門支援員
・児童虐待防止支援アドバイザー
・心理カウンセラー
・個人情報保護士
・保育士
・美容師
・ビューティーアドバイザー
・ウエディングプランナー
・終活アドバイザー
MyHappi(マイハピ)とは?

※「マイハピ」は、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第5811767号
マイハピの商標登録証

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マイハピとは

MyHappi(マイハピ)とは

在宅ワークや副業のノウハウで、女性の「幸せ」をサポートする、女性向け総合サイトです。
終活からSDGsまで、専門家が語る日本の「今」。
美容・健康・恋愛に関する情報もポータルにご案内します。
MyHappi(マイハピ)とは
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。

最新記事