メールレディは年末調整なし!確定申告についてのQ&A

2023.11.15
プロモーションが含まれます。
メールレディは年末調整なし!確定申告についてのQ&A

メールレディ年末調整が不要です。
確定申告も、しない人が9割。
思ったより「稼げない」例が多いからです。

マイハピ編集部/高橋真理
この記事の編集責任者マイハピ編集部/高橋真理(女性心理カウンセラー)
更新日:2023年11月15日

2009年に法人(株式会社ユーテック)設立
大手の広告代理店、SDGs関連企業、ITメディア等と提携し、「男女共同参画の実現」に取り組んでいます。
メールレディがトラブルなく安心して働くことができる環境を実現するために、私たち(マイハピ編集部)が実際に体験して分かった正しい情報を発信してまいります。
主な有資格者
・女性活躍マスター
・ファイナンシャルプランナー
・キャリアコンサルタント
・子どもの貧困専門支援員
・児童虐待防止支援アドバイザー
・心理カウンセラー
・個人情報保護士
・保育士
・美容師
・ビューティーアドバイザー
・ウエディングプランナー
・終活アドバイザー
MyHappi(マイハピ)とは?

編集部おすすめの大手求人一覧

Q.なぜ年末調整しなくて良いの?

年末調整が必要なのは、会社に雇われている「従業員」。
対して、メールレディは個人事業主です。

なので、税制上は年末調整の対象外。
チャットレディやテレフォンレディも同様です。

個人事業主って何? 個人事業主のことを徹底解説!

Q.じゃあ税金がかからないの?

個人事業主の税額は「自己申告」で決まります。
そのための手続きが確定申告。

1年に1回書類を作成し、その内容によって税金の額が算出されます。

Q.確定申告しないメールレディが多いのはなぜ?

理由は主に3つ。

  • 収入を稼げない人が多い
  • 確定申告をサボる人が多い
  • 収入を稼げても、確定申告の「必要額」に届かない

いずれかに該当する人が9割です。

Q.確定申告の「必要額」っていくら?

年間の所得が48万円を超えた場合は、メールレディも申告が必要です。

ただ、「メールのみ」でそれほど稼げる人は、多くありません。

安心安全なメールレディ求人一覧

Q.会社に雇われたり、事務所に所属したりしている場合は?

年末調整の対象になります。

ただその場合も、手続きは会社が代行してくれるのが普通。
メールレディ自身が書類を作成する例は稀です。

Q.年収が48万円を超えそうな場合は、仕事を減らした方が良い?

確定申告は確かに面倒ですが、仕事や収入を「減らす」必要はありません。

申告したくないなら「経費を増やす」方法がおすすめ。
仕事や収入を減らすことなく、ある程度、好きなモノやサービスを購入できます。

Q.経費を増やすとどうなるの?

経費は年収から「差し引く」ことができます。

国から認可を受けている求人一覧例えば、メールレディとしての年収が100万円あっても大丈夫。
経費で60万円を支出すれば、

100万-60万で、年間の所得は40万円になります。

その結果、年間の所得が48万円以下なので、確定申告しなくて済みます。

Q.経費って、どうやれば使ったり増やしたりできるの?

詳しい方法はこちら。
生活費も3割~4割くらいは、経費にできるメールレディが多いです。
メールレディは経費が多いので税金も確定申告もナシ?簡単な計算方法

国から認可を受けている求人一覧

◆ 執筆・監修/マイハピ 編集部
最終更新日:2023年11月15日

※「マイハピ」は、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第5811767号
マイハピの商標登録証

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。